merit

  • TOP  >  
  • 当院が選ばれる理由

Characteristics of Cell Medical Team Japan

「セルメディカルチームジャパン」は、脊髄損傷、慢性疼痛を初めとするさまざまな再生医療に取り組んでいます。こちらでは、再生医療について、また当院の特徴などをご紹介します。

当院が選ばれる3つの理由

特徴1 先進の医療設備

特徴1 医療設備

当院ではより多くの方に、安心かつ安全な再生医療を受けていただきたいと考えています。そのため先端医療技術および知識の習得に励むのはもちろん、積極的に先進設備を導入しています。

特徴2 徹底した衛生管理

特徴2 徹底した衛生管理

医療現場では、常に院内感染のリスクがあるといえます。そのため診療室や診療に使用する器具、さらには空調ほかあらゆる部分への配慮が必要です。当院では細部にいたるまで衛生管理を徹底し、患者さんに安心して治療を受けていただける環境を整えています。

セルメディカルチームジャパンでは、院内の除菌、ウィルス対策に令和元年よりスーパー次亜塩素酸水(スーパー次亜水)を使用しています。スーパー次亜水は通常の次亜塩素酸水と異なります。弱酸性に調整し大腸菌・緑膿菌・MRSA・コロナウィルス・ノロウィルス・インフルエンザなどに対する除菌、滅菌効果が有効であり、また、人体への安全性を検証の上、スーパー次亜水を使用し衛生管理を徹底しています。院内での感染発生はございません。

※また、来院された患者の方がスーパー次亜水をご希望の場合、無料で提供しています。(容器代のみ別途200円) 各スタッフにお声掛け下さい。

特徴3 専門医師による施術

特徴3 専門医による施術

再生医療は新しい医療であり、患者さんお一人お一人に適した治療法をご提案・ご提供するには確かな知識や技術が欠かせません。当院には再生医学や幹細胞研究ほか、さまざまな研究を重ねた医師がそろっております。

再生医療とは

再生医療と聞いて、すぐに思い浮かぶのは京都大学医学部・山中教授の「iPS細胞」ではないでしょうか。2014年には世界で初めてiPS細胞を用いた移植手術が行われるなど、実際に成果をあげています。しかし、注目と期待が高まる一方で、新しい医療であることから、安全性に関してはまだまだ不透明な部分が多く残されています。

そもそも再生医療とは、体の臓器や組織の機能がケガや病気で失われた時、失われた機能を再生させるために細胞や組織を移植して、臓器や組織の機能を元に戻す医療のことです。

当院では、脂肪由来幹細胞を用いた再生医療を採用しています。これは、大学病院を中心に数多くの臨床研究や臨床試験が行われ、厚生労働省監視下で安全性の検証が進められた治療です。患者さんご自身の脂肪から採取した幹細胞(ADRC)を使用するため、拒絶反応が起こりにくく、また、高齢の方から採取した細胞でも、効果が期待できます。

たとえば、乳がんの手術で失われた乳房を乳房再建再生医療で元のように美しく戻すことができれば、どれだけ前向きな人生を送れるでしょうか。膝を傷めて歩くことさえ困難な方が、膝の再生医療でスムーズに歩くことができれば、どれだけ楽しい人生を送れるでしょうか。

再生医療は、今後さらに進歩するさまざまな可能性を秘めた治療法といえます。

脂肪由来幹細胞とiPS細胞と違い

脂肪由来幹細胞とiPS細胞の最たる違いは、免疫調整機能の有無にあるといえます。iPS細胞の場合、自分以外の人間のiPS細胞から作られた臓器を移植すると拒絶反応が起きてしまいます。それに対し脂肪由来幹細胞には免疫調整機能があるため、移植しても拒絶反応が起こりにくいのです。もう一つの違いには、治療におけるがん化のリスクが挙げられます。iPS細胞に付随するがん化のリスクも、脂肪由来幹細胞を用いると低減できることがわかっています。

当院で使用する医療機器

サイトリ・セラピューテクス社製セルーション

サイトリ・セラピューテクス社製セルーション

当院が行う再生医療は、患者様の皮下脂肪内に存在する細胞特有の性質を利用した治療で、その細胞は脂肪組織由来再生(幹)細胞-Adipose-Derived RegenerativeCells(ADRC)と呼ばれています。ADRCとは、サイトリの特許技術のプラットフォームであるセルーションシステムを用いて抽出される多様な細胞で構成される非培養の有核細胞集団の総称で、当院では、このADRCを用い、細胞を抽出したその日のうちに患者さんに投与する治療です。Cytori Cell Therapyの作り出す幹細胞は、損傷した組織の修復や機能維持、症状の進行を遅らせることが期待されます。

【将来治療が期待できる症例】
急性腎障害、心疾患、肝硬変、腹圧性尿失禁

細胞保存システム

世界をリードするBrooks社製の細胞保存システムを採用しています。厳重な環境管理のもと、患者様からお預かりした大切な幹細胞の品質を維持した凍結保存を実現します。保存状況は適切にデータ管理していますので、必要時には即時に患者様の幹細胞を取り出すことが可能です。
また、細胞数と生死率を正確に測定できる細胞計数装置も完備しています。

Brooks社製 BioStoreⅢ

Brooks社製 BioStoreⅢ
全自動極低温生体試料凍結保存システム

1基で最大25,200人分の幹細胞を保存可能。
保存状況をデータ管理し、即時に個人の細胞の取出しが出来ます。

NucleoCounterNC-200細胞計数装置(自動セルカウンター)

NucleoCounterNC-200
細胞計数装置(自動セルカウンター)

セルーションによって生成された細胞の数・生存率を短時間で測定することが可能です。

院内設備

オペ室

オペ室

手術に使用する器材類や、汚染の発生を回避するため、ディスポーザブル(使い捨て)品を最優先しています。

細胞保存システム

細胞保存システム

お預かりする細胞は、システム化された管理の下、保存されています。

細胞調整室

細胞調整室

壁面には、洗浄による腐食や劣化に強いクリーンパネルと呼ばれる特殊な素材を使用し、清浄度を維持しています。

大容量蓄電システム

大容量蓄電システム

万一の災害や想定外の事故による突然の停電時に備えて、長時間電力を供給できるシステムを完備しています。

治療の流れ
Treatment flow

【1】初診カウンセリングの予約

当院は完全予約制です。お電話またはこちらから、ご予約をお願いします。

0120-88-3141
受付時間:[月~金曜] 9:00~13:00 / 14:30~19:00
[土曜] 9:00~13:00 / 14:30~18:00
※日曜・祝日の診療日は事前にお電話にてご確認ください

【2】術前検査
当院では初診カウンセリングを受けていただくにあたり、患者様の希望治療個所に必要な検診、検査をお願いしています。治療に必要書類を当院に郵送していただきこちらからご連絡致します。
【3】初診カウンセリング
初診カウンセリングに要する時間は約60~90分です。ご来院後、まずは問診票にご記入ください。
その後、カウンセラーが患者様の状態を確認させていただきます。
そして、患者様のご要望をゆっくりお伺いした上で、お一人お一人に合ったメニューをご提案します。
【4】手術
手術は基本的には局所麻酔で行いますが、場合によっては静脈内鎮静を併用して行います。
手術に要する時間は細胞採取のみの約30分程です。
その後、脂肪組織由来幹細胞の抽出、脂肪組織由来幹細胞の注入までの全てを行います。
すべての治療が半日程度で完了となります。
【5】脊髄損傷・膝関節症の治療後のリハビリについて
当院では再生医療(幹細胞治療)に特化した治療中心のクリニックです。その為当院で脊髄損傷・膝関節症治療後のリハビリについて基本的にオー ダーインソールを使用していただき日常的な生活でリハビリをしていきます。更にリハビリ効果を上げる為に水素風呂に入る事を推奨しています。リハビリ施設、病院をご希望な方は福岡県内の方なら病院、施設をご紹介させていただきますが治療前から患者様が利用している病院、施設等があればそのまま継続していただきます。福岡県外の方はご自身で病院、施設をお探しいただく事になります。

治療費用

150万~280万円税込165万~308万円

※金額は基本の費用です。患者様の症状や状況によって対応すべき処置が多岐に渡るため、金額に差が生じる場合があります。

※再生医療は公的医療保険が適用されない自由診療です。

診 療 時 間 日・祝
9:00~13:00 -
14:30~19:00 -

▲土曜18:00までの診療となります。 日曜・祝日の診療日は事前に電話にてご確認ください

※ウェブからのお問い合わせ・来院予約は24時間受け付けております。