News Detail

News Details

当院では、ご自身の脂肪由来幹細胞を使用した再生医療を行っています。

幹細胞は、身体の様々な部分に存在し、新しい細胞を産生・補充する役割を持っています。

そのため、幹細胞が存在しなければ、私たちの身体を形成する細胞は老いていくばかりで、新しく細胞を生み出すことが出来ず、生命を維持することができません。

 

そのような偉大な役割を持っている幹細胞を利用した新しい治療が、再生医療です。

幹細胞は、分裂して自分と同じ細胞を作ることができるとともに(自己複製能)、組織内の細胞に分化することもできる(多分化能)細胞です。

 

【多分化能幹細胞】

生体内に存在し、限られた複数の細胞(筋肉、軟骨、血管、皮膚、神経など)に分化することができる細胞です。当院で使用している脂肪由来幹細胞は、この多分化能幹細胞の中の体性幹細胞に分類されます。

 

【人工的につくられた多能性幹細胞】

身体を構成するほぼすべての細胞に分化することができる、非常に優秀な幹細胞です。医療現場への実用化に向けて研究が進められています。ES細胞、iPS細胞などが挙げられます。

 

次回の更新では、当院で使用している脂肪由来幹細胞の働きや特徴について、詳しく解説していきます。

診 療 時 間 日・祝
9:00~13:00 -
14:30~19:00 -

▲土曜18:00までの診療となります。 日曜・祝日の診療日は事前に電話にてご確認ください

※ウェブからのお問い合わせ・来院予約は24時間受け付けております。