breast

  • TOP  >  
  • 乳房再建

Breast reconstruction

「乳房再建までを含めて乳がん治療」という意識の高まり

「乳房再建までを含めて乳がん治療」という意識の高まり Breast reconstruction ・ Breast augmentation

乳房再建とはどのような治療でしょうか。患者さんの腹部や大腿部から皮下脂肪を採取し、半分は「セルーション」にかけて遠心分離し、脂肪組織由来幹細胞(ADRC)を抽出します。残り半分は、脂肪組織を洗浄し、抽出した脂肪幹細胞と混合します。

その後、胸の陥凹(かんおう)部分に注入して移植します。傷口は脂肪吸引の傷と注入部の小さな傷のみで、手術は半日程度ですみます。

血管などの組織の再生を助ける幹細胞を多く含む脂肪組織由来幹細胞(ADRC)を使用する乳房再建の機序(仕組み)についてお話しします。脂肪組織由来幹細胞(ADRC)を酸素の少ない環境に注入すると、サイトカインという物質を大量に放出され、その物質が新しい血管を作る作用を持っています。そして新しく作られた血管から、栄養素や酸素が供給される事により乳房の細胞が作られていく事が期待できるという流れとなっています。

診 療 時 間 日・祝
9:00~13:00 -
14:30~19:00 -

▲土曜18:00までの診療となります。 日曜・祝日の診療日は事前に電話にてご確認ください

※ウェブからのお問い合わせ・来院予約は24時間受け付けております。