cellbank

  • TOP  >  
  • 細胞バンクについて

動画:細胞バンクについて

未来の健康のためにできること

「細胞バンク」という言葉を耳にしたことはありますか? これはご自分の細胞を採取して保管しておくシステムです。保管した細胞は将来的に再生医療が必要となった時に、活用することが可能です。

「セルメディカルチームジャパン」では、細胞バンクを開設しており、患者さんの未来の健康維持をサポートする体制を整えています。こちらでは、当院の細胞バンクについてご紹介します。

細胞バンク
Cellbank

細胞バンク Cellbank

細胞バンクとは

「細胞バンク」とはその名のとおり、将来大きなケガや病気をした時の再生医療に備えるためのものです。健康な時や若い時にご自身の細胞を分離・保管しておくことで、将来再生医療が必要となった時にご自身の細胞を移植することができます。

ご自身の細胞を使うことで拒絶反応のリスクが低く、組織機能の回復が期待できます。これが「細胞バンク」の最大のメリットであり、まさに「もしもの時のための細胞保険」と言ってもいいでしょう。

当院では、院内に「細胞加工・保存」施設を設置し、専門スタッフが幹細胞を抽出します。凍結保存した幹細胞は将来の治療に使うため、何よりも安全で高品質でなければなりません。そのため専門スタッフが徹底した品質管理を行うことで、安全性と品質を高めています。

もしもの時のために備える細胞保険が「細胞バンク」

幹細胞を保管するメリット

自己由来の幹細胞には、特定の細胞に分化する能力があります。これは、心臓などの臓器や皮膚などの組織をはじめ、関節ならば骨や筋肉にもなり得る細胞ということです。この性質を活用して、現在、世界中で幹細胞を使った難病・疾患治療の臨床研究が進められ、その効果が確認され始めています。

また、人工関節の手術に代わる治療法としても、幹細胞を用いた再生医療は有力です。最近まで、すり減った軟骨の治療法は人工関節しかありませんでしたが、ここ数年の再生医療技術の進歩によって、ある程度の軟骨のすり減りは修復できることが分かってきました。

スポーツの世界においても、幹細胞を用いた再生医療に期待が寄せられつつあります。例えば、ヨーロッパのサッカー協会では、ケガからの早期回復ができるように選手の幹細胞をストックしているところもあります。保存することで、再生医療が必要となったとき、必要に応じて細胞を移植することができるからです。

ご自身の細胞を使うことで拒絶反応リスクが低く、組織機能の回復が期待できます。

コンピュータ管理で安心・安全に幹細胞を保存

コンピュータ管理で安心・安全に幹細胞を保存

ただ問題は、幹細胞を保存する際に、いかに細菌汚染を防ぐかです。

セルメディカルチームジャパンの細胞バンクは、ライフサイエンス分野におけるパイオニアであるBrooks社製の細胞保存システムを採用しています。

当院が採用しているBrooks社製の細胞保存システムには大きな特長があります。そのシステムでは細胞の保存にまつわる作業を全てコンピュータ管理しており、自動で即時に一人分の幹細胞だけを取り出すことができます。そのため細胞の細菌汚染の心配もなく、患者様の大切な幹細胞を保存できます。

「細胞バンク」ご利用の流れ
How to use cell bank
【1】皮下脂肪吸引
充分なご説明をさせていただき、ご理解いただいた後に、ご本人様の腹部や大腿部の皮下脂肪を吸引します。
【2】幹細胞抽出
吸引された脂肪から、専門スタッフが幹細胞を抽出します。
【3】幹細胞凍結保存
抽出した幹細胞を超低温保存 (マイナス180℃以下)の中で長期保存します。細胞を保存されている方には、随時臨床研究の動向や臨床応用の状況を説明させていただきながら、必要時に備えて準備を進めていきます。
【4】細胞移植治療
患者様がお悩みの各種症状を確認の上、治療部位に細胞バンクに保存していた自己由来の細胞を移植します。
診 療 時 間 日・祝
9:00~13:00 -
14:30~19:00 -

▲土曜18:00までの診療となります。 日曜・祝日の診療日は事前に電話にてご確認ください

※ウェブからのお問い合わせ・来院予約は24時間受け付けております。